薬の包装 PTPシートはもう古い?

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

薬に関わっていると、薬そのものだけではなくその周辺のことが色々と気になるものだ。そんな気になることの1つが薬の「包装」である。現在、日本における薬の包装の主流はプラスチックにアルミ、塩化ビニルもしくはポリエチレンラミネートフィルムなどを貼りつけたPTP包装(Press-Through-Package)である。
medicine_supplements_jpg 043
写真はPTP包装の例だが、1シート10錠のものや、14錠、21錠、6錠のものなど様々である。メリットとしては、薬を清潔なまま扱えたり、錠剤が外から見える管理のしやすさがある。しかしながら、誤飲事故が後を経たないという問題も抱えている。誤飲して無自覚のまま排泄されることもあれば、胃の痛みを訴え医療機関で見つかることもある。食道や消化管に穿孔を起こす例もある。特に認知症患者が増加傾向にある現代において、薬の誤飲事故を起こすリスクは加速度的にあがると思われる。実際、認知能力が低下している方へまとめて袋詰め(一包化という)もせずにPTPシートのまま渡すのは、少し抵抗がある。後は、シートの規格は通常1シート10錠だが、この規格が一定でなく(14錠、21錠、6錠、12錠など色々)数え間違えて薬を渡すリスクが常にある。

以前、お会いした患者さんでPTPシートを包装から出さずにシートのまま1錠ずつ切り離して、朝昼夕の分をそれぞれ分けてまとめて袋に入れて欲しいと要求された90歳台の男性がいた。これを行う膨大な手間は加算として算定できない上に(PTPから「取り出して」まとめれば算定できる)、誤飲リスクが著しく高まる。お互いに何も良いことがない。

PTPシートとよく対比されるのがボトルや瓶のパッケージ。
medicine_supplements_jpg 012

アメリカの場合はボトルが多い。何錠包装か、ということが問題になるPTPとジャラジャラとボトルにいれるだけのボトルではどちらが安くつくか。答えは明確でボトルの方が圧倒的に安い。物流に関わったことがある方は承知されているかもしれないが、日本型のPTP包装のデリバリーはコストが高い。アメリカのドラッグストアや医薬品卸の倉庫をみたことがあるが、規格化されたボトルが並んでいる。PTP包装だらけの日本の薬局の棚をみると、どれだけの手間とコストなのだろう、何とかならないのかなと思ったりする。メーカーの出庫から患者の手許に渡るまでを考えると恐ろしい。こうしたコスト構造が薬の価格に反映されるとしたら?

PTPの方が保存性が良いのではという向きもあろうが、一部の吸湿性が高い薬などを除いてボトルで保存性は十分。期限も相当長くもつ。衛生面が取りざたされることもあるが、PTPシートであろうがボトルであろうが、結局患者さんは手の上に錠剤を出して飲むんだよなぁ。

お互いにメリット、デメリットはあると思うがPTPシートはちょっとひっかかる点が多い。

そんな中、PTPシート以外の個包装で新しいタイプのものが出てきている。それがESOP包装(Easy Seal Open Pack)である。イソップと読むそう。念の為。ESOP包装
出典:モリモト医薬 ホームページ
こういうのをみると、まだまだ包装を改善できる部分はあるのだなと感心してしまう。こういう「ありそうでなかった」発想、素晴らしい。

【参考】
独立行政法人「国民生活センター」ホームページ
モリモト医薬 ホームページ

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

24時間順位

まだデータがありません。

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »