喫煙に伴う副流煙で子供のアレルギーや突然死が増える

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

たばこは賛否両論あるが、僕は苦手だ。容認はするが、近くで吸われると目が痛く鼻が詰まり正直辛い。今日は29(肉)の日だったので、寿司屋で魚29を食べていたのだが、後ろの咳のヒトがタバコをぷかぷかするので参ってしまった。大人の僕でこのざまだ。乳幼児ならどうだろう。つい最近論文報告が出た。

乳幼児期に喫煙に伴う副流煙にさらされると4歳以降で食物アレルギーや湿疹を含む感作全体のリスクが高くなるようだ。乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)のリスクも4.7倍上がるので注意。子供の前でタバコを吸わなければそれで済むわけでもない。喫煙後の呼気にも残存しているのだから。僅かなリスクではあるけれど、子供が突然死するリスクをあげたくはない。

【参考文献】
乳幼児突然死症候群(SIDS)について 厚生労働省
Allergy. 2016 Feb;71(2):239-48.Parental smoking and development of allergic sensitization from birth to adolescence.

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »