【認知症】認知症の症状とリスクファクター(かかりやすい人)

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

身内に認知症患者がいる方はとても多い。僕も以前はそんな1人であったわけだが。認知症の症状、進行、リスクファクターに関してまとめておこう。

認知症の症状分類

認知症の症状は2つに大別されている。

1、中核症状
記憶障害をはじめとする認知機能障害、記憶障害、失語、見当識障害

2、周辺症状
幻覚、妄想、不安、うつ、攻撃性などの心理症状
焦燥性興奮、攻撃性、収集癖、脱抑制などの行動異常

 個人的な話でなんだが、僕の祖母は認知症だった。上記のような分類は別にしても、認知症患者と過ごされているご家族は身にしみて分かることと思う。僕の祖父は死ぬまで元気でボケもなかったが、祖母はアルツハイマー型認知症だったので当初はそのいさかいが耐えなかった。最初、祖父は祖母が認知症を発症していることに気付かずに、物忘れやボケた行動に対してキツく注意していた。当初は祖母もそれに対して、感情的に怒ったりしていたのだがやがて反応が薄くなっていった。

 祖父は後になって認知症だということを理解して、そういうものだと受容するようになった。
家で介護するのは限界だと感じたのは、徘徊して迷子になることを繰返し家では玄関先で脱糞するなどの事件が多発した頃。その頃には、介護が大変すぎて介護する母が倒れることが度々あった。家庭内で世話をするにも限界と判断して最終的には施設にいれた。それ以降、両親や祖父と一緒に定期的に施設を訪れては会った時の祖母の反応をみることとなる。祖母は施設入所以降、次第に穏やかな表情になった。我々の名前も思い出せないのだが長年連れ添った祖父の顔をみたり孫である僕の顔をみたりした時に、笑みをこぼす。それが、家族も妙に嬉しかったりしたものだ。

 そんな、アルツハイマー病だが進行機序は厳密には未だに明らかになっていない。脳内の神経細胞死が関わっていて、アルツハイマー病患者の脳内にはβアミロイドというタンパク質が蓄積していることは分かっている。それが原因ではないかとするβアミロイド仮説というものがあるが、仮説は仮説でそれが正しいかも分からない。ただ少なくとも、患者には神経原繊維変化といわれるもつれあったタンパク質繊維が蓄積していることは知られている。

アルツハイマー型認知症の進行

 アルツハイマーの初期症状は徐々に進行する。最初は非常に分かりづらい変化で、多くの場合、最近の出来事などを思い出せないとか、ささいなことに家族が気付くところから発覚する。混乱や言語障害(言葉がすぐに出てこない等)、集中や論理的思考ができないといった状態にもなる。祖父に怒鳴られた祖母が言葉に詰まっていた光景を思い出す。

末期には思考能力は明らかに低下し、人格障害が起こる。攻撃的な態度をとる人もいれば、反対に極端に受け身になる人もいる。幻覚、妄想、食事、入浴、着衣に助けを要する、尿失禁、便失禁なんでもありである。

進行速度は個人差が大きく、診断から5年程度で末期症状を呈する人もいれば、このプロセスに10年以上かかる人もいる。疾患そのものによって死ぬ病気ではないが、二次的な被害が後をたたない。

どんな人が認知症になりやすいのか(疫学、リスクファクター)

認知症患者は人口の高齢化とともに指数的に増加しており、認知症の型によってリスクファクターは異なるが、共通の要因も多い。例をあげる。

1、年齢
加齢は最大のリスクファクター。通常60歳以下の人には起こることはまずない。年を重ねて脳が萎縮してくることは夕日が沈むのを止められないがごとく、どうにもできないことなのだろうか、などと時々疑問に思ってしまう。

2、家族歴
遺伝的要因をもつ認知症もある。一親等内にアルツハイマーの既往がある場合10~30%リスクがあがるとされる。それが70歳以下で発症する若年性アルツハイマーであった場合、そのリスクは最大限になるようである。特定の遺伝子が関連していることは近年解明されつつある。

3、その他の要因
高血圧、喫煙、糖尿病、肥満、運動不足、緑黄色野菜や果物の不足なども関連性が指摘されているが、これらの治療がどれだけ認知症の進行に影響するかは明らかにはなっていない。しかし、いずれも出来る限り解消しておいた方が良いファクターである。

【参考サイト】
Natinal Institute of Aging
Mayo clinic

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »