ついに薬剤経済性評価委員会が。そして、ビタミンCが認知症患者に処方された理由

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

現状流通している認知症の薬は効果副作用、値段を勘案すると決して使える代物ではないと散々書いてきたが、フランスの薬剤経済性評価委員が同様の結論を出していたようだ(参考文献1)。

Prescribe Internationalという雑誌に書かれている。この雑誌は薬に関して、客観的に評価された情報が欲しければ購読する価値のある雑誌だと思う。

ーーーーーー以下、記事の要点抜粋ーーーーーーーー

•薬剤保険給付の償還率を勧告するフランス薬剤経済性評価委員会は2011年、ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンの4剤の利益の程度に基づく療養給付(償還割合)の評価ランクを償還率65%から15%に下方修正した

•アルツハイマー病の進行を遅らせる治療は存在しない

•従って患者のケア方法の中心は、患者自身とその介護者を社会的心理的にサポートしていくことである

•アルツハイマー病用薬剤に効果があるといってもごく一部の患者で、行動異常や認知機能が一時的に改善するという程度

•そうした薬剤を避けて害を及ぼさないことも大切である

•アセチルコリンの作用を増強するアセチルコリンエステラーゼ阻害薬は、嘔吐などの胃腸障害、神経障害、精神障害、心機能障害などを引き起こす可能性がある。

•メマンチンの主要な害は、アセチルコリン作用およびドパミン作用に伴う精神神経障害。これらの薬剤は、薬物動態学的(血中濃度への影響) にも、薬力学的(似た作用どうしで増強し合い、逆の作用なら打ち消し合う)にも、相互作用の危険性を伴う。

•委員会は、4年前(2007 年)には、アルツハイマー病用薬剤は、「治療的利点はない」とのべ、ASMR(現実に治療に改善があったかどうか)のランクを、レベルIV(進歩はわずか:minor)から、レベルV (進歩なし:no clinical benefit)に下げたばかり(参考文献1)

•この決定の根拠は、「短期間使用して、認知機能を軽度に改善することを示した臨床データはあるがその一方で「薬剤の害反応と薬物相互作用があり」、「長期の有益性を示す証拠が欠けている」というもの。

6か月ないし1年以降の再評価を要求
この決定は、これまでのデータを用いた限り、アルツハイマー病用薬剤は大部分の患者に対して有効ではない、 ということを薬剤経済評価委員会が公的に認めたことを意味する。

•委員会は具体的な提案も行なっている。すなわち、害反応の危険性にさらされる患者を減らすために、処方条件を厳しくすることなど。

•委員会が特に強調したのは、最初に処方する医師に、6か月以降の治療の価値について考えなおすことを求めている点

ーーーーーーーー抜粋終わりーーーーーーーーー

散々、薬の効果がないどころか副作用や経済的損失が大きいことを述べてきたが、やはりそうだったかという印象は否めない。

認知症患者にビタミンCが処方された理由

先日会った認知症の患者さんでビタミンCの錠剤(シナール配合錠/配合というのはビタミンC以外にパントテン酸も入っているから)を処方されている方がいた。しかし、薬効や説明用紙にはビタミンCと書かないで欲しいと家族がいう。何故だか分かります?上述してきたような背景から想像出来る方は鋭い。

ご家族に聞くと、認知症患者である本人が、もう効果は得られていないのに上記のような害を及ぼしうる抗認知症薬を飲み続けたがっていたことを医師が見かねて、ビタミンCを認知症に効く薬だとして渡してくれた背景があるという。プラセボ効果を期待した処方だった。そして、本人はそれで効いていると喜んでいるそうだ。

そう、薬が効かないなら効かないで社会的にも心理的にもどうサポートするかを考えていくことが大切となる。

【参考文献】
1、Prescrire Int. 2012 Jun;21(128):150.Drugs for Alzheimer’s disease: best avoided. No therapeutic advantage.
2、Prescrire Int. 2006 Jun;15(83):103-6.Alzheimer’s disease: beware of interactions with cholinesterase inhibitors.

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »