低用量ピルについて

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

生理のおかげで生活を乱されている女性は多い。特に、生理不順でいつ来るか分からないみたいな状態だと予定も立てられない。そして、痛みやだるさを我慢する。痛みや不順の陰には、子宮内膜症などの病気や多嚢胞性卵巣症候群などがんの前段階の可能性も隠れていることがあり安易に兆候を放置しないことが大切だ。

生理は重くてつらいのがアタリマエ、痛み止めを使いながら我慢するもので、女だから仕方ないという方も多いように思う。
自分でコントロールしてみようという発想にはなりにくいのかもしれない。

なにせ人体はコントロールできないことだらけだ。しかし、生理に関してはピルの服用である程度コントロールが効く。生理痛を大幅に軽くすることも、都合に合わせて生理の日程をずらすことも可能となっている。

便利な一方、ホルモン剤=副作用 のイメージが一人歩きして良く知りもせず服薬拒否ということもある。確かに添付文書などをみれば副作用が多そうに見えることは見えるが、安全性はむしろ高いといってよい。

いわゆる「ピル」とは混合型経口避妊薬(Combined orea Contraceptive pill: COC)のことで、卵巣で作られるエストロゲンとプロゲステロンの類似ホルモンを含んでいる。

そのため、ピルを服用すると下垂体は妊娠したと勘違いをする(いわば「だまされた」状態になる)。つまり、卵巣ホルモンが十分にあるから卵巣を刺激するための下垂体ホルモンを分泌する必要はないと下垂体が判断する。この結果、排卵に重要な役割を果たす月経中期の大量のLH(黄体化ホルモン)分泌がなくなる。

卵巣は休眠状態となり、最低限のエストロゲンとプロゲステロンを産生する。しかし、ピルの服用を中止すれば卵巣ホルモンが不足するので、下垂体はただちに卵巣を刺激する。つまり可逆性があり、服用してもやめれば妊娠は可能だ。

ピルを服用していると正常の月経周期は完全に止まるが、少量の月経のような出血がある。これはピルのホルモン成分によって子宮にできた薄い膜が1週間の休薬により子宮から剥がれそれが出血となるためだ。

以下の項目については別途まとめてある。
ピルのメリット
ピルの副作用
•ピルに休薬期間がある理由•ピルは太るのか?•ピルを飲んだら今後妊娠できなくなるのか?

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »