【低用量ピル】ピルの副作用まとめー血栓症、吐き気、発ガンリスクの解釈と対策ー

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

低用量ピル(以下、ピル)の副作用について。副作用リスク主体で語られることの多いピルだが、どれだけの人が副作用リスクについて正しく理解しているのだろうか。とかく、薬剤師は副作用に注目して説明したり副作用が出ていないかばかり確認しがちだが、メリットを理解してもらえるよう説明することも大切であろう。メリットは別途取扱うとして、種々の副作用リスクについて検討する。

ピルによる血栓症リスク

ピルでいちばん恐い副作用はやはり「血栓症」だ。ピルの服用により血が固まりやすくなり、血栓ができて最悪肺の血管などに詰まると命に関わることもある。ただし、血栓症が起こるリスクは極めて低い

海外の疫学調査によれば、低用量ピルを服用していない女性の静脈血栓症発症のリスクは年間10,000人あたり1-5人であるのに対し、低用量ピル服用女性では3-9人。一方、妊娠中および分娩後12週間の静脈血栓症の発症頻度は、それぞれ年間10,000 人あたり5-20 人および40-65人で、妊娠中や分娩後に比較すると低用量ピルの血栓症発生頻度はかなり低い。

でも血栓が恐いから、妊娠しないなんて言う人はいない。ピルによる血栓症の発症率は妊娠によるそれの3分の1程度。ある意味、ピルで妊娠を防いだらピルにも血栓予防薬としての側面があるとすら言える。

もちろん血栓症リスクは頭に入れておくべきであろうが、血が固まりやすいリスク要因が無い人には稀も稀。因みに、リスク要因とは例えば 喫煙、肥満、高年齢(40歳以上)などでこうした人は気をつけて使うか、そもそも服用してはいけないとされる場合もある。

それに加えて、カナダ産婦人科学会によれば、静脈血栓症発症により致死的な結果となるのは100人あたり1人で、低用量ピル使用中の死亡率は10万人あたり1人以下と報告されている。

低用量ピルの1周期(4週間)あるいはそれ以上の休薬期間をおき、再度内服を開始すると、使用開始後数ヶ月間の静脈血栓症の高い発症リスクを再びもたらすとされている。つまり、ピルによる血栓症は飲みはじめのころに起こりやすいのが特徴なので、服用したり中断したりを繰り返す方がリスクが高くなる。飲むのであれば継続する方が安全だ。

なお、静脈血栓症の発症には特徴的な兆候があり、英語の頭文字をとってそれをACHESとよんでいる。
A:abdominal pain (激しい腹痛)
C:chest pain(激しい胸痛、息苦しい、押しつぶされるような痛み)
H:headache(激しい頭痛)
E:eye / speech problems(見えにくい所がある、視野が狭い、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害)
S:severe leg pain(ふくらはぎの痛み・むくみ、握ると痛い、赤くなっている)
この兆候に気付いたら、すぐに中止して受診をした方が良い。早期発見治療で、重症化は防ぐことができる。

ピルの発ガンリスク

WHO(世界保険機構)によれば、子宮頸癌で1.31倍、乳がんで1.24倍というデータがあり、一方で子宮体がんや卵巣がんについてはリスクが低下するとされている(AHRQ Evidence Report 2013 Jun:212)。イギリスにおいてピルの服用における発がんリスクの大規模な研究があり、結局のところトータルで発ガンリスクは増やさないと結論されている(BMJ. 2007 Sep 29;335(7621):651.)。

子宮頸癌が増える理由として、ピル服用によって避妊のためにコンドームをつけるモチベーションが下がり、子宮頸癌の原因となるヒトパピローマウイルスに感染する機会が増えることも関係しているという説がある。子宮頸癌が31%(1.31倍)増えると言っても、その大元の研究自体が因果関係を示せるデザインではなく直接の因果関係は不明である。

いずれにせよ、子宮がん検診を受けていれば、がんで子宮や命までも失うケースは稀であり、この場合検診はピル服用の有無に依らず大切ということになる。

吐き気やむかつき

ピルの副作用でもっともメジャーなのが、吐き気やむかつき。女性ホルモン剤なので乳房が張るというヒトもいる。副作用というよりマイナートラブルと言った方が適切かもしれない。こうした症状は1~2週間も続ければ慣れてなくなることがほとんどである。

さらに、この副作用には1つ対処法がある。夜寝る前に服用すれば良い。夜寝る前に服用すれば、この症状が起こる時間は寝ているので、不快感を極力少なくすることができる。

特定のピルが合わなくて気持ち悪さが強いという場合もある。しかし、一口にピルといっても、製剤は10種類以上ある。従って、1つのピルが合わなかったとしても、種類をかえれば全く問題なく飲めることも多い。本当に合わないものはつわりのような吐き気がでるという。まずは1~2週間試すのが常套手段。慣れないとか、2~3ヶ月試しても違和感があるとかなら他を検討する。手札を変える。そして、合うのを見つければ良い。無理をせず、本当に合わないときは切替えて良いことを前提に進めるのが基本となる。場合によっては、予め吐き気止めが一緒に処方される場合もある。

と言っても、最初から合う薬にあたれば(このパターンが多い)、全く副作用なんてないですとあっけらかんと言われたりもする。初回が気持ち悪くなると次は嫌となりがちなので、手札を変えて良いことを事前に説明しておくだけでも違うと感じている。

医師であろうと薬剤師であろうと、合う合わないを事前に言い当てることは事実上不可能なので、試してみるか、くらいのノリが大切かと思う。副作用にフォーカスして書いてきたが、別途メリットについても取扱っている。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »