【花粉症】Q,花粉症の薬は早めに開始すると良いのですか

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

良くアレルギー止めの抗ヒスタミン剤を花粉飛散の2週間前くらいから飲んだ方が良いって言うけど、誰が言いはじめたのだろうか。最近の研究では、抗ヒスタミン剤を早期に服用するのと、花粉飛散時に服用するのと差がないことが分かっている。ロイコトリエン拮抗薬でも同様の結果が出ている。従いまして、安心して下さい!症状が出てからもしくは飛散日から服用しても遅くはありません

因みにアレルギー止めの点眼は、飛散予測日の3日前くらいから開始する方が臨床上効果が良いようである。飛散情報は花粉情報協会のホームページを参考にすると良いだろう。

【参考】
Int Arch Allergy Immunol. 2013;162(1):71-8.
Randomized double-blind study of prophylactic treatment with an antihistamine for seasonal allergic rhinitis.
Yonekura S1, Okamoto Y, Yamamoto H, Sakurai T, Iinuma T, Sakurai D, Hanazawa T.

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »