ADHD(注意欠陥•多動性障害)と食事の関係

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

知人から、とあるコンビニおにぎりの製造現場を見学に行った際の話を聞く機会があった。製造工場では異様な臭いが立ちこめていたそうで、知人は現場の関係者に何の匂いかと聞いたそうだ。品質を維持するために使われる添加剤などという話だったそうだ。

あわせて現場の人から出た話が、

「短期的には良いかもしれないけど、長くは食べない方が良い」

「工場から、多段階の流通経路を経てコンビニに陳列されるおにぎりがあんなに綺麗な形を保てているのには、それなりの理由があるのだと思った方が良い」

といった主旨のことだったようだ。なるほど、普段当たり前に目にする物が整然としてそこにあるということ自体がある意味で不自然であるという見方もある。

添加物についてはあっさりとだが薬学部でも学ぶ機会がある。ある程度安全性が担保されている成分も多い。しかし、過剰摂取は感覚的に抵抗がある。もちろん、化学合成だから体に悪いとか、天然だから良いとかそういう二項対立で片付ける類いの問題でもないが。

摂取する食事に関心がない人はいないと思うが、とりわけ自分もしくは身内が病気になったりすると気になるものだ。病気になるとどの食事スタイルにしよう、とか急に言い出す人は後を断たないが、体に良い食事の原則はかかる疾患によって変わるものではないと思う。

最近、自閉症の子を持つ親御さんと話す機会があり食事の影響を聞かれたが正直明確な回答は分からない。あると言えばあるのだろう。自閉症とはちょっと異なるが、医学文献のデータベースサイトDynaMedにはADHD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder:注意欠陥/多動性障害)の子供にどんな食事を摂らせたら良いかということについて記載がある。1つの参考にはなるかと思う。

そこにあった情報を簡単に箇条書きにしよう。
•添加剤フリーやアレルゲン完全除去の食事は多大なる時間を要する上に家庭にとっては破壊的であり推奨しない
•特定の人工着色料や保存料、例えばタートラジンや安息香酸ナトリウムなどを避けることでADHDの症状を減らせる場合がある
•合成着色料の使用制限により、子供のADHD症状の改善の報告がある
•300-600mg/日のω−3系脂肪酸と30-60mg/に血のω−6系脂肪酸の摂取により症状が改善する
•ω−3系脂肪酸とω−6系のコンビネーションでもしくはω−3系脂肪酸の摂取により症状改善の報告がある

もちろん、これは1つの例であり全体的アプローチが大切なのは言うまでもない。

また近年になって、甘いものや特にエナジードリンクの多量摂取が症状増悪に関連する可能性があるという報告も出ている。基本的に血糖値を乱高下させるものは精神的にも良くないというのは生理学的に納得のいくことだ。それに関しては”糖質制限のメリットとデメリット”で以前触れた。

余談だが、「早期教育」によって11歳時点でのADHDの発症率が高まることを示唆するStanford大学の研究もある。早すぎても良くない場合があるようだ。ここでは、幼稚園に入る年齢を1年遅らせたところ、11歳時点での注意欠陥・多動性障害になる子供の割合が73%減少した。一方で、知的能力はほとんど変わらないという結果が出た。何歳で小学校に入学させるのが適切かという議論もある。

後付けで色々と言うこともできるが、原因が良く分からないからあれこれ説がでる。ADHDの子の親は自責の念に駆られることがあるようだが、原因が良く分からないのだから単純に責められることではない。だが、1つ1つそうした要素を避けていくことでいつか奏功することもある。

【参考文献】
•DynaMed : dietary interventions in ADHD in children
•Energy drinks and youth self-reported hyperactivity/inattention symptoms.
 Schwartz DL, et al. Acad Pediatr. 2015 May-Jun.
The Gift of Time? School Starting Age and Mental Health

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »