抗菌薬インターネットブックの紹介

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

薬剤に関する情報提供を行っているサイトは数多く存在しているが、信頼性や情報の新しさの点からお勧めできるものと言えば限られてくる。公的機関が管理していて、更新頻度が高いサイトなどは良いだろう。

抗生物質/抗菌薬の分野ははっきり言って、医師にしても薬剤師にしても誤用する人あるいは誤用されているのをそのまま見過ごす人が多すぎる。平気で感染部位に移行性のない薬剤や感染菌に対応していない薬剤を選択している処方が山ほどあるので目も当てられない。

その抗生物質について、情報を調べるのにとても役立つのが「抗菌薬インターネットブック」である。
抗菌薬インターネットブック
感染症や血液内科の専門医3名が監修し、抗菌薬を中心に約120種類の薬剤について、その特徴や用法•用量、承認済み有効菌種、承認はとれていないが有効と思われる菌種、使用上の注意などが掲載されている。このサイトは更新頻度が高いのも特長だ。

同サイトでは、薬剤名のみならず対応する菌別、投与経路別、排泄経路別(肝、腎など)、臓器移行性などによって薬剤を検索することも可能となっている。例えば、「経口で副鼻腔に移行性の良い抗菌薬は?」と聞かれても「薬剤特性検索」ですぐに割り出せる。

実際には、耐性がないか、適応症があるかなどの確認も必要だが簡易検索にとても役に立つありがたいサイトである。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »