妊婦/妊娠予備軍がジカウイルスに感染した時のリスク

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

蚊に関する記事一覧

蚊がターゲットを決める要因
妊婦/妊娠予備軍がジカウイルスに感染した時のリスク
世界初のデング熱に対するワクチンとその効果

ジカウイルスを媒介する蚊は、気候が暖かい地域で特に繁殖している。こうした地域に住む又は渡航する妊婦またはその予備軍には注意が必要だ。通常、ジカウイルス感染症は、軽度な症状の病気に過ぎない。しかし、(因果関係は定かではないものの)流行が発生している地域では先天性小頭症、ギラン・バレー症候群、その他の神経合併症が増加しているとの報告がある。

CDC(Centers for Disease Control and Prevention:米国疾病予防管理センター)はジカウイルス感染した女性は最低8週間、男性は最低6週間避妊すべきだとしている。精液への移行性もあるようだ。

問題は、感染者の大半がなんら症状を発現しないことにあり、そのまま症状発現がなかったとしても先天的な異常や流産を招く可能性があることだ。従って、小頭症(頭のサイズが通常より小さい先天性疾患)を持つ児がそもそもジカに感染していたかどうかも分からない親から生まれる可能性もあるということのようだ。

従って、妊婦または妊娠の可能性のある女性は蚊を避け、感染が拡大している地域への渡航は極力さけることが望ましい。

WHOはその対策をまとめており、pdfファイルとして配布している
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/204520/1/WHO_ZIKV_MOC_16.2_eng.pdf

この主眼は、妊娠時にジカウイルスに感染する危険を低減させることと起こりうる合併症回避へのガイダンスを提供することにある。ガイダンスは、入手可能な最新の研究からのエビデンスに基づいて作成されているとされている。特に、ジカウイルスの感染を防ぐために、感染した産前女性の医療支援、母親と新生児の健康維持の最適化、妊婦への医療支援などについて言及されている。ただし、感染予防や治療の具体的なガイドというわけではない。

昨今のブラジルのBahia州におけるジカ熱のアウトブレイクを分析した結果によれば、妊娠初期(3ヶ月)に感染した場合、約1〜13%の確率で胎児に小頭症が発生しているという。また、3ヶ月以降の感染に関しては小頭症リスクとの関連は有意なものではないとしている(BMJ 2016;353:i3048)。

1〜13%というのはかなり大きな幅だが、これは見積もり方の差に起因している。ここでは触れないが、その見積もり方の詳細はNEJMの論文及びそのAppendixに記載がある

小頭症が報告されすぎており、多くの人が何の症状も示さず検査も受けていないので実際のところの感染率は見積もることが困難である。その幅のどこに真の数値があるのかも良く分からない。

ただし、この研究は基本的に妊娠3ヶ月の感染と小頭症の相関をみているのであって、冒頭で述べたようにジカ熱が引き起こしうる症状は他にもある。妊娠中のどの期の感染においても、先天性異常の可能性は否定できないので感染予防策はとっておく方が良い。

媒介する蚊がターゲットを選ぶ方法にはある程度傾向があることを、以前”蚊がターゲットを決める要因とシンプルでベストな蚊に刺された時の痒み対策“にてまとめているので予防策を考えるのに参考にしても良いだろう。妊婦は妊娠していない女性に比べて2倍蚊に刺されやすい。その理由にも触れている。

【参考文献】
1、Centers for Disease Control and Prevention
2、Zika and the Risk of Microcephaly
 May 25, 2016 DOI: 10.1056/NEJMp1605367 
3、Microcephaly risk with Zika infection is 1-13% in first trimester, study shows(←上記2の研究に関して書かれた記事)
BMJ 2016;353:i3048

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »