ω-3系脂肪酸の性質及びワーファリンやバイアスピリンとの相互作用

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

ω-3系脂肪酸(あるいはn-3系脂肪酸)には、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれている。薬としてはEPA製剤であるエパデール(イコサペント酸エチル)、EPAとDHAを両方含むロトリガといった製品がある。

サプリメント市場では、とてもポピュラーな成分で、血中コレステロール値を低下させ、心筋梗塞や脳梗塞を防ぎ、またDHAは認知症の症状を改善するなどとうたわれていたりする。

薬とサプリメントで同じ成分のものが売られているが、製薬と健康食品とでは求められる品質管理基準の厳しさが異なる(製薬の方が審査が圧倒的に厳しい)。サプリメントのメーカーでも製薬の基準をクリアしているところもあれば(かなり少数派)、それに全く至っていない品質のものもあり玉石混淆である。成分表示通りの成分を入れるのは薬ではアタリマエだが、サプリメントではアタリマエではない。

僕はこの系統の脂を大雑把には「膜を強化し、体を耐震性にするもの」と捉えている。ω-3系脂肪酸に関しては実験室レベルのものも含めると例えば、次のような報告がある。ただし強固なエビデンスがあるわけではない。

•細胞膜を作る(病気は細胞膜で始まるものが沢山ある)
•角膜(=脂肪酸)を作る
•心血管疾患の予防
•脳の働きup
•インスリンの反応up
•目の働きup
•心の健康(パニック症候群などはω-3系不足が観察される)
•新生児の栄養サポート(子供の脳:脂肪酸)
•関節を強くする
•アレルギーや免疫疾患を改善する(アトピーや潰瘍性大腸炎)など

原則、ほとんどの薬物とは相互作用はないのだが、その血液をサラサラにするという性質から血栓予防薬により引き起こされる出血傾向を助長するのではないかと言われている。実際に、血栓予防薬との併用により問題がおきた症例報告を紹介する。

症例 :ワーファリンとω-3系脂肪酸の併用例
患者 :67歳、女性
経過:虚血性心疾患の治療のためにワーファリン服用中。INR値が2-3になるように投与量が調節されていた。これまで魚油(ω-3系脂肪酸含む)を1000mg/日から2000mg/日に増量したところ1ヶ月以内にINRが2.8→4.3へ上昇した。出血の危険が非常に高い数値となったため魚油サプリメントの量を減らしたところ、1週間後にINR値は1.6へと下がった。

これは、ω-3脂肪酸が血液凝固の第Ⅶ因子を減少させ、抗凝固作用を増強させたものと考察されている。さらにω-3脂肪酸は、血小板が凝集する際に必要なトロンボキサンA2も減少させるために血小板機能も低下させるのではないかと言われている。

ワーファリンの抗凝固作用には大きな個人差があり、INR値を指標として服用量が厳密に調節されているので注意が必要である。また、血小板機能への影響可能性があることから抗血小板作用を持つアスピリンの効果を増強することも考えられうる。

ワーファリンやアスピリンを服用中の方は、ω-3系脂肪酸服用のリスクを知っておいた方が良いだろう。そして、不自然なあざ、内出血、鼻血、歯茎の出血などが顕著なら減量など対処を検討する。そうした外部の出血であれば問題は大きくないが、消化管などで出血を起こすと重篤化することがある

ω-3系脂肪酸に抗凝固作用及び抗血小板作用があるのであれば、ワーファリンやアスピリンに代替できのではなかろうかという疑問がある。僕が知る範囲では、心血管イベントの予防効果のエビデンスで強固なものがあるかと言われればちょっと微妙だ。従って、ω-3系脂肪酸を血栓予防目的で使うにはちょっと厳しいかなと思う。しかし、ポジティブな疫学研究はそれなりにある。余りにも関連文献が多すぎていちいち紹介はできないが。

【参考文献】
1、Ann Pharmacother. 2004 Jan;38(1):50-2.
Fish oil interaction with warfarin.
Buckley MS1, Goff AD, Knapp WE.
2、Thromb Haemost. 2008 Oct;100(4):634-41.
Effects of omega-3 acid ethyl esters and aspirin, alone and in combination, on platelet function in healthy subjects.
Larson MK1, Ashmore JH, Harris KA, Vogelaar JL, Pottala JV, Sprehe M, Harris WS.
3、Pharmacotherapy. 2007 Jan;27(1):152-60.
Subdural hematoma after a fall in an elderly patient taking high-dose omega-3 fatty acids with warfarin and aspirin: case report and review of the literature.
McClaskey EM1, Michalets EL.
4、ワーファリン 薬の図書館

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »