【血圧降下剤】ACE阻害薬とARBの作用機序

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

ARB(AngiotensinⅡ Receptor Blocker)。「血圧をあげる物質の働きを抑えて血圧を下げる薬、心臓や腎臓の負担を減らす薬」。メーカーの不正論文が話題になり、某週刊誌で飲まない方が良い薬にランクインするなど何かと話題に事欠かない薬だ。類似系統の薬でより安く同等の効果が得られることと、ハイリスク群以外では降圧のメリットが少ないというのがあるかもしれない。

基本的な使い道としては、より安く同等の効果があるACE阻害(Angiotensin Converting Enzyme Inhibitor)が副作用の問題などで使えない場合に使うというのが適切である。しかし、現実には第一選択で使う医師がとても多い。

薬理作用は下図の通りで、ACE阻害薬はアンジオテンシンIをアンジオテンシンIIに変換する「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」を阻害する。
ACE_ARB
出典: Adalat.jp

ACEは他のペプチドの代謝にも関与する。ブラジキニンもACEで代謝されるペプチドの一つで、ACE阻害薬の服用でブラジキニン分解も抑制され、ブラジキニンが蓄積する。ブラジキニンは、血管拡張や臓器保護に働く一方で、空咳の原因になる。同じ仕組みで、ブラジキニンは咽頭反射を良くすることから、ACE阻害薬が適応外で誤嚥防止の目的で用いられる(咽頭反射亢進にはサブスタンスPも関与していると言われる)。

ARBは、アンジテオテンシンIIの受容体の一つである「AT1受容体」に拮抗する。AT1受容体が拮抗阻害されることで、血中のアンジオテンシンII濃度が上昇し、結果としてAT1受容体とはほぼ逆の働きをするAT2受容体が刺激される。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »