Q:ボルタレン(痛み止め)を説明書の用量こえて飲んでも大丈夫?

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

先日友人に聞かれた質問。

Q ボルタレン25mg(上限用量1日100mg)を1日5錠以上飲むのはまずいでしょうか?
歯の移植手術をしたけれど、4日たっても未だに痛くてボルタレンを手放せなくて。
(32歳 男性 身長173cm、体重76kg)

次のように回答した。

A 体重からすると1日に150mg(6錠)までいっても大丈夫だと思います。よほど辛くても8錠がMAXです。
 もちろんなるべく上限までいかずに我慢できるなら使い過ぎない方が良いです。
 もし増やして腹痛、血便とかむくみが出るようなら減らすか止めた方が良いですね。
 潰瘍は短期間で起こる例は多くないので、1週間くらいまではそれで対応して良いと思います。
 用量を増やすのが怖ければ、アセトアミノフェンで一部代替するのも良いかもしれません。
  

〈解説〉

ボルタレンの有効成分はジクロフェナクという。
非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)の1つだ。
痛みや炎症を起こすプロスタグランジンの産生を減らすことで効く。
このプロスタグランジンが一方で胃を守る成分であるので、
胃を荒らすことも知られている。

普通、軽度~中程度の痛みに使う。頭痛、変形性関節症とかリウマチに使うこともある。
アスピリンやNSAIDsにアレルギーのある人にはつかない。

心不全のリスクもやや上げる。心臓バイパス手術の後も使わない。
突如、致死的となりうる消化管出血を起こすリスクもある。

まず心臓病、高血圧、狭心症や心筋梗塞発作、脳卒中、血栓症
胃潰瘍、消化性潰瘍や消化管出血を過去に起こしたことがある人は
なるべく避けなければならない。それらのリスクを上げる薬だからだ。

喘息の人、肝臓や腎臓の機能が低下している人も勧められない。

妊娠後期3ヶ月間の服用で胎児に害を与える可能性があるため
FDAでは医師の指示がない限りは使わないことを推奨している。
授乳で子供に影響があるかは分からない。
お酒を併用すると消化管出血リスクが上がる。

質問者は上記のようなリスク因子がないので普通に服用できる。

日本の薬の説明書(添付文書)を見ると
1回量25~50mgを頓服。原則1日2~3回まで。
1日最大100mgが限度と書かれている。
医師や薬剤師もこれ以上OKと言い切れないところだと思う。

ここが質問者の5錠以上はまずいか?という疑問になったのだと思う。

ここでアメリカの用量記載を見てみると、対応疾患によって異なるが
一般的な痛みに対する上限は150mg/日 それを3、4回に分けて飲む。
リウマチに大してはなんと上限225mg/日 まで許容している。

因みに小児用量は 2~3 mg/kg/日 を2から4回に分けて服用とある。
これを大人の質問者(体重76kg)に当てはめると、
152~228mg/日。上記の上限とさほど変わらない。

臨床的に短期間で潰瘍を招く例は少ないこともあるので、まだ4日しか飲んでおらず
あと数日で痛みが治まりそうかつ当座の痛みが辛い
質問者には用量UPを勧めても良いと考える。

もちろん負担が少ないにこしたことはないから、上限までいかずに
少なめで済むならその方が良い。

アセトアミノフェンは多量で肝機能へ影響が出るが、
用量を多くしなければリスクが低いので
NSAIDsを過量使いたくなければ代替案としてありだろう。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »