ザ•ガードコーワ整腸錠とワーファリンの相互作用

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

抗凝固薬のワーファリンは治療域が狭いことで有名だ。また、構造がビタミンKと似ることからビタミンK含有食品と相互作用をおこし作用が弱まるということも良く知られている。

ある意味、それは出血傾向が出過ぎた時に拮抗する成分があるのは安心材料でもあるが、治療域が狭いワーファリンのコントロールが崩れれば致死的血栓症を招くこともある。従って、ワーファリン服用者はコントロールを崩さないよう納豆やクロレラなどビタミンK含有量の多い食品を控え、相互作用の問題を起こさないよう説明を受ける。ここまではいい。

実は、整腸剤でワーファリンとの相互作用が問題になるものがある。正直これは僕にとって盲点だった(知ってる人はアタリマエのように知ってるんだろうな)。

先日、病院で働く薬剤師の先輩と話していたところザガードコーワ整腸錠とワーファリンの組合わせがヤバいと言っていた。彼の体験談だが、良く原因が分からないのにワーファリンのコントロール指標であるINRの数値が大きく悪化している人がいたという。それで、彼はその患者さんに他に何か薬は飲んでいないかと聞いたそうである。

患者さんは「整腸剤」と答えた。

ここでピンとくる人は良いが、処方箋薬しか知らない薬剤師だと、整腸剤なら飲み合わせは問題あるまいと原因を見逃してしまう可能性がある。こうなると事件は永久に迷宮入りだ。下手に他に原因探しをしては混乱の元だ。彼は、こうした例に何回か出くわすことがあったようだ。

答えはザガードには納豆菌が配合されていて、これが相互作用を起こしていたというオチ。ザガードの添付文書にワーファリン服用中の方は医師、薬剤師又は登録販売者に相談とコッソリと書かれている。両方ともポピュラーな製品なので、注意が必要だ。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »