抗うつ薬をいつまで続ければ良いのか

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

前回の投稿でパキシルという抗うつ薬について触れた。
ついでなのでもう少し敷衍しておこうと思う。

このSSRIと呼ばれるグループの薬について良く聞かれる質問がある。
それが「いつまで続ければ良いのか」という問題である。

副作用が気になってやめたいという人もいる。

SSRIには使用開始時や量を増やしていく最中に
副作用が生じることがある。
軽いものが不眠、不安、焦燥感、便秘
重いと衝動行為、自傷行為、自殺願望
薬をやめていく時にも同様の副作用があり中断症候群と言われる。

抗うつ薬は主作用と副作用がにていて区別がつきにくいのだ。

抗うつ薬を飲んだ経験のある知人に聞くと奇妙な体験もあるという。
治療経過をみても効果がはかばかしくないばかりか、
気分が平坦になり表情がなくなり、やる気すら全くなくなるというのだ。

これは、今でこそSSRIによってセロトニンが増加して、
同じく神経伝達物質のドパミンが減少することによって起きる
「SSRI誘発性無欲症候群」と言われているが、
昔はこの悲劇に気付くこともできない人が多かったようだ。

うつ症状に対して薬を処方したのに余計うつになったら対処に
困る。でも、切ったら良くなったという例もある。

そう考えていくとこの薬は扱いが難しい。
基本的に「興奮剤」や「覚せい剤」のように捉えた方が本質を捉えているのかもしれない。
アッパー系の薬なら朝使う方が良いのかなと思う。

パキシルを夕服用すると不眠を招くことがあって、
これを昼服用に変えてもらったら不眠が改善したなんて例もある。

この薬は2、3ヶ月使って効かなければ効果なしと判断するのが
妥当とされるが、さして効いていなくてもだらだら出す処方がかなりある。

上記のように扱いが難しいものを続けていていいのだろうか。
いつまで続ければ良いのか。

欧米の治療ガイドラインでは
通常はうつ症状が治って安定してから半年が終了目安とされている。
勿論あくまでも治療経過や医師との相談には依る。

前回の記事にも書いたが、
その治療経過を薬とは別のアプローチで良くする試みも大切になってくると思う。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »