経口ステロイド製剤は短期間低用量服用でも有害事象リスクが上がる

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

ステロイド製剤は炎症性疾患、例えば喘息、リウマチ、潰瘍性大腸炎などのみならず、発疹、筋肉痛、難聴等々、ありとあらゆるシーンで使われる。多くの疾患の治療で必須の薬剤であるが、長期服用の副作用もよく知られるところである。では、短期間服用では?

僕は、今まで短期間の服用では副作用が出る可能性は低いと思っていたのだが、認識を改めた方が良いと思わされる研究が英国医学雑誌(British Medical Journal;BMJ)2017年4月12日号に発表された。

研究の概要

その研究は、2012年から2014年にかけて健康保険に加入している18歳から64歳の米国人1,548,945人の記録を分析したもので、そのうち327452名(21.1%)が何らかの病気に対して短期(論文内では1ヶ月以下を短期と定義)のステロイド服用歴があった。1/5以上!日本の現状とはギャップがある印象を受ける。

そして、それらの短期服用患者で30日〜5ヶ月に渡り追跡調査をしている。

患者の条件は次の通り
・平均年齢;服用群45.5±11.6歳、非服用群44.1±12.2歳
・服用期間;平均6日間(6-12日)、7日以上使用が47.4%(15万5,171例)
・基礎疾患や過去1年以内のステロイド使用歴なし
・服用量;中央値20mg/日(17.5~36.8mg/日)、40mg/日以上23.4%(7万6,701例)
・主な服用理由;上気道感染症、椎間板障害、アレルギー、気管支炎、下気道疾患(これら5症状が全体の約半分)

アウトカムとして30日以内, 31-90日の合併症頻度、敗血症, 深部静脈血栓症, 骨折リスクを評価している。主にこの3つの急性症状を解析対象としているので他の有害事象についてはなんとも言い難い。

結果と服用量別のリスク比較

結果は、下表の通り。

投与群で1,000人年当たりの発生頻度が最も高かったのは骨折(21.4件)、次いで静脈血栓塞栓症(4.6件)、敗血症による入院(1.8件)。

表を見ると分かるが、非服用者の自然発生リスクと比較して服用者の敗血症(血液感染)のリスクは5.3倍、静脈血栓症リスクは3.33倍、骨折リスクが1.87倍という結果で、いずれも統計学的有意差があった。1日20mg以下という比較的低用量であっても有意差を保持している。リスクは高用量で増加する傾向がある。さらにリスク上昇傾向は31〜90日後には下がるものの、有意差は保持されていた(敗血症2.91倍,静脈血栓塞栓症1.44倍、骨折1.40倍)。何倍とか言われると驚かれてしまう方もいるが、相対的な数値であることに注意が必要だ(いうまでもないか)。

因みに、40mg以上で5~30日の発症率比が低く出ているが、患者数が少なく信頼区間の幅が極めて広い群なので、これを持って20~39mg/日よりリスクが低いとは言いきれず、やはり31~90日目の発症率比は高用量になるほど高い傾向が出ている。

ステロイドの服用理由別でのリスク評価

服用理由ごとの評価を以下に示す。

ステロイドの服用に至った理由に依らず、リスクが上昇する傾向が示唆されている。筋骨格系症状で服用した群の発症率比が多く見えるのは同疾患で高用量で服用のパターンが多いからなのだろうか。

年齢別、性別、人種別でのリスク評価


大まかには年齢が高いほどリスクが上がる傾向があるが、人種差や性差はさほど見受けられない。

この結果をもって、必要な処方を止めるというような類のものではないだろうし、実際の処方行動や説明がどう変わるかはまた別の問題であるが、経口ステロイド製剤の有害事象のモニタリングは低用量、短期間であっても注意を払う必要がありそうだ。それで、服用者の安全が保たれれば良いと思う。

【参考文献】
Short term use of oral corticosteroids and related harms among adults in the United States: population based cohort study.
BMJ. 2017 Apr 12;357:j1415.
Waljee AK, Rogers MA, Lin P, et al

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »