【腰痛】腰痛に対するベストな対策と無効な薬物治療&アセトアミノフェン無効を受けてのガイドライン改訂

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

診療ガイドラインで、脊椎痛(首の痛みと腰痛)及び臀部や膝の関節炎に対する痛みに対して、第一選択として過去に推奨されていた薬剤がある(未だに推奨しているモノもあるようだが)。アセトアミノフェン(商品名:カロナール、タイレノールなど)だ。近年、腰痛に対するアセトアミノフェンの効果に疑問を投げかけるエビデンスが蓄積して、英国の腰痛•坐骨神経痛の治療に関するガイドラインの内容が変わるまでに至った。主にこの英国のNICEガイダンスに触れながら、腰痛に対して有効な治療と無効と考えられる治療をまとめて紹介していこう。

運動療法

イギリスのNICEガイダンスでは、運動療法を第一選択として勧めている。同ガイダンスでは、腰痛に対する最善の治療としてヨガ、ストレッチ、エアロビクスなどさまざまなタイプのエクササイズを勧めている。また、可能な限り通常の活動を維持することも推奨している。

安静は必ずしも有効な手立てではないことにも注意が必要だ。急性腰痛に対してであっても痛みに応じた活動性維持は、ベッド上で安静にしているよりも疼痛を軽減し、機能の回復とその後の再発予防にも有効であるとされている。マッサージや認知行動療法を取り入れても良いが、単独で行うのではなく運動療法との併用を前提に勧められている。

腰痛には安静にしているよりもヨガ、ストレッチ、エアロビクスなどのエクササイズが有効

マッサージのように受動的な行為よりも、運動のように能動的な行為を続ける方が症状改善につながるのみならず、治った後も長期的にベネフィットが得られる。
「腰痛体操」でググるなり、チュブる(先日初めて知ったのだがYouTubeで検索することをそう呼ぶらしいですぞ)なりすると色々出てくる。筆者が昔整体師に勧められたことがあるのは、膝を曲げずに片足ずつぶらぶらと上げ下げする運動。左右10往復を5セットを気が向いたらやる。彼が言うには、これで骨のずれが解消される?そうだ。個人の体験で恐縮だが、これは良かったと思う。こういうのは、理学療法士や整体師、柔道整復師の方の方が詳しいのかもしれない。

鍼治療

広く行われている治療であるが、有効性について確かなエビデンスがない。NICEガイダンスでは坐骨神経痛の有無に関わらず腰痛に対する鍼治療は、偽鍼治療よりも有効であることを示す証拠がないため推奨しないとされている。

薬物療法

前提として、害を最小限に抑え有効性が得られそうであると判断された場合にのみ薬剤を使うことになるが、NICEガイダンスにおける推奨を簡単に箇条書きにすると次の通り。
•イブプロフェンやアスピリンなどの非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)を考慮する
 使う場合は、胃腸障害、肝障害、心臓や腎臓への影響など使用者に応じてリスクを考慮する
•上記が禁忌か無効な例ではコデインなどの弱オピオイドを検討する
•オピオイド(麻薬性鎮痛薬)は慢性腰痛には推奨しない
アセトアミノフェン単独での使用は腰痛の管理に推奨しない


アセトアミノフェンは腰痛には勧められない

最新のガイドラインになって注目すべきは、アセトアミノフェンがもはや腰痛を治療するための選択肢とされていないことである。アセトアミノフェンとプラセボを比較した質の高い研究を含めたコクランのシステマティックレビューでは服用1週時点と12週時点で痛みや障害の程度を検討しているが、いずれも臨床上有意な差がなかった。有害事象においても大きな差はなかったのだが。

British Medical Journal(英国医学雑誌)において、ビジュアル的に分かりやすいインフォグラフィックでこのまとめが紹介されている。こちら↓を参照されても良いだろう。
Visual summary : Managing low back pain and sciatica

【参考文献】
1、NICE publishes updated advice on treating low back pain
2、Paracetamol: Widely used and largely ineffective
3、Efficacy and safety of paracetamol for spinal pain and osteoarthritis: systematic review and meta-analysis of randomised placebo controlled trials.
BMJ. 2015 Mar 31;350:h1225.
Machado GC, Maher CG, Ferreira PH,et al
4、Paracetamol for low back pain.
Cochrane Database Syst Rev. 2016 Jun 7;(6):CD012230.
Saragiotto BT, Machado GC, Ferreira ML, et al
5,Low back pain and sciatica: summary of NICE guidance
BMJ 2017;356:i6748

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »