Q処方せん薬を期限内に受け取れそうにない場合はどうすれば良いですか/そもそも何故処方せんの期限が設定されているのですか。

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

次の2パターンの対応が考えられる。

1、診察時に医師へ期限延長を依頼する

症状や診断内容次第で期限が延長された処方せんを書いてくれる。
期限は4日間とされているものの、法的にも但し書きがあり

「長期の旅行等特殊な事情がある際に医師や歯科医師が別途期限を
記載した場合はその限りではない。」とされている。

因みに大学病院など大きな病院の場合は、処方箋の期限が「当日限り」のものもあれば「6日間」「7日間」と、
ドクターの判断に委ねられている部分もあり、症状によって異なることはある。

2、処方せんを受け取ったらすぐに薬局に処方せんをFAXする

FAXをした時点で受付をしたことになるので、こうすれば期限の心配はいらない。
ただし、受け取りには処方せんの原本が必須になるのでお忘れなく。

そもそも何故期限が4日間なのか。

それなりの理由はある。4日間あれば土日を挟んでも受け取れる可能性が高いからとか。

厚生労働省は理由を次のように回答している。

「処方せんは、医師が処方日現在の患者の症状を考慮して必要な分の薬について記載して交付するものであり、
交付の日から日数が経過した場合には、診察した当時からみて患者の症状が変わり、
処方薬がその時点で安全かつ有効なものとはいえなくなる恐れがあるため。」

つまり、4日以上もたてば、処方せん発行当日と病状が異なってしまい
その処方薬が妥当なものでなくなる可能性があるから ということ。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »