Q薬局での待ち時間を短縮する方法はありますか

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

処方箋を調剤薬局に持っていくと、薬を渡されるまでにけっこうな待ち時間が必要なことがある。

何故時間がかかるのかと言えば、処方せんを受付けてコンピュータにその情報を入力して、
薬を棚から順次集めて、薬の飲み合わせに問題がないか、効果が重複した薬が出されていないかなどの
チェックを行ったりしてからお渡しという手順を踏む為である。

しかし、そうだとしても病院でさんざん待ち時間を過ごしたあとで、
薬を受け取るためにまた待たされるというのは待ち時間を有効に活用できる人や
気長な人でもなければ気分の良いものではないだろう。

ではこの待ち時間をどう短縮できるか。4つの方法を紹介する。

予めFAXで処方せんを薬局へ送信する

FAXを受付けた時点で、薬の準備が開始されるので送っておいて
大体できそうな時間か後日行けば待つことなく受け取ることができる。

この方法をとる時には、FAXを送信したあとで、調剤薬局に電話を1本入れておくほうが良いだろう。
その薬の在庫があるのか確認をしておかないともしかしたら調剤薬局で薬の在庫がなく、
取り寄せなどで時間が必要になることもあるかもしれない。
同時に、いつごろ行けば薬を受け取れるかも確認しておけば確実だ。

宅送してもらう

このサービスは行っている薬局とそうでない薬局があるので、絶対に使えるというものではないが
薬の内容が同じである、薬の手持ちが余っていて急いでもらわなくても良い、説明がいらない
といった人は使ってみても良いと思う。

ただし、法律上 宅送を受付けるにあたり事前に薬剤師と対面で処方せんの内容確認をする必要があるので
薬を集める間待つ必要はないものの、少しだけ簡単な確認の時間をとることにはなる。

 

後日来にする

処方せんを提出するだけして、別の日にとりにいけば待つことなく受け取ることができる。

その場で待つ必要は全くないのだ。

処方箋の写真と撮り薬局へメールする

ケンコーコム社が行っているサービスであるが、まだまだ業界に浸透していない。
個人情報管理が甘くなる懸念があり、薬剤師会より疑義が唱えられている。
確かに便利そうではあるが、今後どうなるか見物だ。
今のところこのサービスを利用できない薬局の方が多いようではある。

体感時間を短くする/時間の捉え方を変える

これは待ち時間自体を短くすることにはならないが、待ち時間を何か生産的なことや楽しいことをする時間に
置き換えたり、待ち時間の捉え方を変えてみてはという提案である。

時の感じ方というのは人それぞれで、待ち時間を「待されている無駄な時間」という捉え方をする人は
時を長く感じたりする。その時間を充実した時に変えられないか考えよう。
勿論不当に待たされたらクレームを言って良いとは思うが。

また、知人の会社で「施設への滞在時間/待ち時間をポイント化する」というシステムを作っているところがある。
そうしたサービスを利用すれば、待ち時間が増えるのも1つの楽しみになってストレス軽減にはなるかもしれない。

何事も捉え方次第。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »