混ぜちゃいけないものを混ぜろと言われた話

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

軟膏の混ぜ薬というのはしょっちゅう処方される。

2種類(以上)の薬を混ぜる時には、
混ぜて性質が変化しないか、問題がないかを常にチェックしてから行う。

混ぜると保存性が落ちる、効果が落ちる、分離して汚くなる
など悪い組み合わせも多々あるためだ。
皮膚科医であれば、こういう混合の配合変化など
ある程度把握していたり書籍で確認しているのが一般的のようで

そうそうおかしな処方は出さない。
そんな中、今日はクリニックの内科医からこんな処方があった。

ヒルドイドソフト軟膏(保湿剤)
レスタミンコーワクリーム(かゆみ止め)
上記2剤を混合して下さい。

率直に言って、配合上あまり良いとは言えない処方だ。

この場合は、前者を同成分のクリーム製剤に変えた方が長期的な保存性が良い。

それに、指示通りの混ぜ方だと2~4週間を過ぎると分離してきて
透明の液体が軟膏の上の方に浮き上がってきてしまう。
保存性も落ちる。つまりよからぬ配合変化が起こるわけだ。

因みに他の飲み薬が一緒に出ていて
そちらは4週間以上出ていたので、そういう期間で使う前提なのだろう。

内科医なので配合変化も把握していないかもしれない。

という風に疑義が生じると医師への問合せを行うことになる。

混合の相性が悪いものを同じ有効成分で相性の良い基剤のものに
変えた方が明らかに良いからだ。

こんな感じで問い合わせた時の医師の回答は、大抵
「あ、そうでしたね。変えておいて下さい。どうもありがとうございます。」
という程度で終わるのだが、

上記の処方例の医師はちょっと違った。なんと

「僕はいつも、その処方で出していて、クリニックの目の前にある
薬局からもそれで疑義を唱えられたことはない。
だからそのまま出して下さい。」

と回答された。

そして、
「文献のデータでは、保存性が落ちますよ」と少し食い下がってみると

「ならば(クリニックの)前の薬局に確認をするから待て」という。
いやいや、そっちに確認するまでもないだろう。文献調べてくれー。ほんまやっか。
この発言から類推できることは、
その医師は、恐らく配合変化のデータに目を通していないということ
更にその目の前の薬局は、それを常に看過している
(あるいは、そう思いたくないが 気付かないのか)。

という二重の問題。

さらに、そこで薬を貰っている患者は
その混ぜ薬が、時間をおくと分離して使いづらくなるのが当たり前
になっているのではないかということ。
一人の医師の経験則で事を済ますのであれば、
臨床試験や科学的根拠、製剤のデータなど意味がない。

科学的データベースの蓄積があるからこそ、
近年当てずっぽうや賭けで医療をせずに済むようになってきたのであって、
経験則でやっていたらえらい事になってしまう。

「私の経験でこうだから、それで良い」と断ずるのは
プロの臨床家として非常にまずい態度なのだ。

まだこんな医師がいるのかと慨嘆する。

デメリットを被るのは薬を貰う方だ。
消費者を守るべき立場の人間が、自分の都合でやってどうする。
今回はただの塗り薬の例だったが、
もっと体調に関わりの深い飲み薬で変な組み合わせでも出そうものなら
意地でも食い下がっただろう。
因みに、大きめの大学病院とか有名医療機関に問合せることも
多いのだがこんなトンチンカンな回答をする医師には出くわした事がほとんどない。
というか個人クリニックでもそうない。

まあ、大抵丁寧に対応して下さるわけで。

傲慢な回答をする人ほど不勉強なんだよなぁ。
そこで満足しているからか。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

24時間順位

まだデータがありません。

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »