薬や病気の情報を得るのに有用なサイト

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

以前、オンラインの医療情報サイトを紹介した。

ただ、世界的に使われいるサイトのため英語記載で困るという向きもあると思う。

そこで、日本語での医療情報サイトもいくつか紹介する。

 

1、医薬品医療機器総合機構

https://www.pmda.go.jp

薬の説明書(添付文書やインタビューフォーム)、副作用情報、一般的な情報を得るのに有用である。

基本的には、製薬会社ベースの情報源。分野をまたぐ横断的な情報は調べにくいが、患者サイドとしては十分な情報量がある。

薬の添付文書は以下から検索できる

http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_kensaku.html

 

2、お薬110

http://www.jah.ne.jp/~kako/

添付文書の内容を平易な日本語で書いてくれている。相当な文章力を感じる。病気毎の禁忌薬、薬効別のまとめ、医薬品の薬価サーチ など

充実した検索機能を備えている。

このサイトをカンニングペーパー的に使っている薬局薬剤師は少なくないと思う。

 

3、メルクマニュアル

http://merckmanual.jp/mmpej/index.html

客観的に記載されていて使いやすい。優れた情報源だ。

だが、どちらかというと医療者向けで素人には表現が難しい部分も多い。

 

他にも色々と山ほどあるのだが、今回はこんなところで。

有用な情報源は今後ともどんどん紹介していければと思う。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »