ビジュアル的な情報伝達手段が学べるサイト4選

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

情報の表現手段は色々ある。
分かりやすく伝えたいという思いは常々あるが、
ビジュアル的に分かりやすく表現するとなると
どんなものがあるのだろうかと考えてしまう。

そこで今日はビジュアル的に優れた情報表現手法を提供してくれているサイトを紹介する。

1、データのビジュアル化手法を完璧に網羅しているサイトはこちら!

どんな表現手段が良いか?
そんな疑問を一挙に解決してしまうサイトを見つけたので紹介する。

データのビジュアル化の手法は下記のサイトに
ほぼ全てまとめられているといっても過言ではない。

それがこちら
A periodic table of Visualization Methods

化学の周期表と同じ形式で、それぞれのアルファベットの上にカーソルを合わせると
データ表現の手法が表示される。

2、データのビジュアル化手法はこう進化してきた

ついでに、データのビジュアル化について
その進化の歴史をまとめた図表が分かりやすくのっている
サイトを紹介しよう。それが以下だ。

Milestones in the history of thematic cartography, Statistical Graphics, and Data Visualization

ビジュアル的に大変分かりやすいので、
仮に英語が分からなくてもある程度内容が把握できるだろう。

3、体系だった情報表現は美しい

体系だった情報の表現は美しいなと本当に思わせてくれたサイトがある。
それが、
Information is beautiful

色々とサイト内で自分の分野に関わるものを調べても面白いだろう。
僕の場合は 抗生物質のまとめ と 抗精神病薬 の図表の分かりやすさに
感銘を受け、つい印刷してファイルに保管してしまった。

このサイトは書籍化されたものも販売されている。

4、インフォグラフィックを使った情報表現

情報、データ、知識を視覚的に表現した
「インフォグラフィック」というのはご存知だろうか。

スライドやマインドマップとはまた違った情報伝達の手段だ。
非常にビジュアル的に分かりやすい。

詳しくは「インフォグラフィック」でググれば
山ほど出てくるし、無料作成ソフトも沢山ある。

そんな表現手段をふんだんに使っているサイトで
中でも優れていると思うお気に入りのサイトがある。

それが Funders and founders というサイトだ。

世にいう成功者達の人生がインフォグラフィックで
分かりやすく表現されている。
例えば、マークザッカーバーグ、スティーブジョブス、ビルゲイツなどなど。

起業家の方などは見てとても楽しめる内容だろう。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »