漢方エキス剤はどう飲むべきか

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

漢方エキス剤の飲み方についてまとめていこう。
多くの患者さんに接していると、色々と飲み方を
アレンジしている方が沢山いる。

通常は、「お湯に溶かして飲む」が原則である。
しかし、味が嫌だという場合に次のようなアレンジをする方がいる。

•ジュース、お茶やココアで溶かして飲む
•アイスクリーム、ヨーグルト、プリンなどに混ぜる

他には、外出時でお湯に溶かせなくて水で飲むとか
人によって、様々な事情がある。

味を美味しいと感じるかどうかも体に合うかの1つの指標である
という側面もあるが、どうしても不味い漢方は存在する。
ましてや、子供に飲ませようとなるとかなりの大変なこともある。

それで、上記のようなアレンジはOKかと聞かれることが多い。

一応、ダメではないですが、望ましい飲み方 でもないですねということになる。
多少吸収は落ちる可能性はあるが、どうしても飲めなければそれで飲ませましょうと。

でも、その前にとれる対策がないかは少し考えてみて欲しい。

そもそも何故お湯に溶かすのがよいとされるのか。

漢方薬には、葛根湯、小柴胡湯、黄蓮解毒湯など
名称に「湯」とつくものが多数ある。
これは、いわゆる煎じ薬をさし、生薬を水で煎じて抽出した湯液を
飲むことを前提に調合されているという意味を表すものである。

また、匂いが薬効の一部を担う漢方薬もある
例えば、感冒や鼻炎など、呼吸器系や耳鼻咽喉科系の病気に使う漢方薬の場合、
湯液から立つ生薬の匂いを吸い込んで、直接、鼻や喉の粘膜に作用させる。

温かい湯液を飲むほうが、冷めたものを飲むよりも胃腸への負担が少なくなり
吸収が良く
なるし、温かい方が揮発性の生薬の匂いが立ちやすくなるので
匂いで薬効を期待する漢方には適しているわけだ。

では、他の漢方エキス剤はどうかというと、扱いは同様だ。

漢方エキス剤は市販のインスタントコーヒーと同様の工程を経て
製造されているので、お湯に溶かし、煎じ薬同様の湯液にして服用するのが前提なのだ。

ただ、1回あたりの服用量はせいぜい100ml程度なので
多少冷めても胃の中ですぐに適温になる。

匂いの効果を期待するものであれば、湯液から立ち上る蒸気を
吸い込んだあとに飲みやすい温度になってから服用で良いだろう。

もし、面倒であるとか、外出先でお湯に溶かす環境にない
という場合は、若干吸収が落ちるが、エキス剤と
ある程度冷ました白湯又は水を同時に口に入れて服用でも問題ない。

その際、(味が嫌でなければ)口の中でエキス剤が白湯に溶けるのを待ってから
飲み込むとよりよいとされている。

因みに漢方薬の中には、冷ました湯液を服用した方がよいものもある。

例えば、駆風解毒湯は喉の炎症を軽減する処方で、
口に含んだ湯液を少しずつ飲み込んでいくという服用方法だ。
炎症を鎮めるという観点から、冷えた湯液が望ましいとされる。

この場合は、漢方エキス剤は水には溶けにくいので、
お湯に溶かした後に氷などを入れて冷やすという手順をとる。

お湯に溶かすと苦いので、飲むのが辛いという場合には、
蜂蜜やメーブルシロップなど天然の甘味料を
湯液に加える
のが望ましい。

因みに先に書いた、ジュースやお茶で飲む行為だが、
本来の漢方処方を思えばジュースなどが入っているはずもないので
控えた方が無難なのではないかと思う。

ただし、薬を飲んだ後に口直しとして、
好きな食べ物を摂るなどしても問題ないだろう。

まとめ
•漢方薬は原則として煎じ薬として(お湯に溶かして)飲む
 匂いで薬効を期待するものもある
•苦みが辛ければ、蜂蜜など天然の甘味料を足すのはお勧め
ジュースやお茶での服用は望ましくない

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »