ほ乳類の癌発症率比較データー象はなぜ癌を発症しにくいのか?

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

JAMAという医学雑誌を読んでいて、
象の研究がなぜ医学雑誌に載っているんだろうと
目をひいた記事があったので紹介しよう。

ほ乳類のがん発症率比較データが表になっている

研究目的としては、象の癌耐性のメカニズムを解明して
癌の原因となるDNA損傷に対する細胞の反応を
人と比較してみようといったところ。

動物園にいる象は戸籍登録があり、サンディエゴ動物園の14年間にわたる
死体解剖検査データを基に、動物の大きさと寿命
36種のほ乳類について癌発症率を比較していると書かれている。

とりわけ、象は寿命が長く体も大きいのに癌になりにくいということもあり
644体の象について解析されている。

アフリカ象とアジア象の癌への耐性機構を調べるために
遺伝子解析が行われた。

象、健常人、Li-Fraumeni癌症候群(LFS:癌の発症リスクが高い人)
の末梢血リンパ球の検査を行い電離放射線及びドキソルビシンを用いて
DNA損傷させその応答を各グループで検査するという方法をとった。

アフリカ象とアジア象合わせて8頭、
リーフラウメニ症候群の被験者10名、
及び年齢を適合させた健常人11名で比較検討を行った。

癌による死亡率を種別に計算し体のサイズと寿命を元に比較した。
DNAのアポトーシス(細胞死)と修復の程度は人間と象で比較を行った。

結果は以下の図の通りで、
ほ乳類の中で、癌による死亡率は体のサイズや寿命によって変わらなかった。

動物毎の癌化死亡率

例をあげると
ロックハイラックス 1% (95%信頼区間0%-5%)
アフリカンワイルドドッグ 8%(95%信頼区間0%-16%)
ライオン 2%(95%信頼区間0%-7%)

最も癌化率が高いのはタスマニアデビルで
なんと50%に癌が発症している。

あんなに可愛い動物なのに(全然関係ないけど)。
癒されたい方はタスマニアデビルを画像検索することをお勧めする。

話を戻すと、象はその大きな体のサイズと寿命の長さにも関わらず
癌発生率が4.81%(95%信頼区間3.14%-6.49%)と
11〜25%という人間のそれよりも遥かに低かった。

遺伝子解析を行っていて、人間の癌発症率が非常に高い
Li-Fraumeni症候群での遺伝子変異との関連を比較してみると
象はTP53のコピーが20以上あるのに対して、
ヒトは1copieしかなく、象が癌になりにくいのは
これをたくさん持っているからでは、という考察がなされている。

がん抑制遺伝子の研究に重要な示唆を与える内容となっている。

まとめ 
•象はほ乳類の中で最も癌が発症しにくい動物である
•Tp53のコピー数が癌の抑制に関係しているかもしれない

【参考文献】
Potential Mechanisms for Cancer Resistance in Elephants and Comparative Cellular Response to DNA Damage in Humans
Lisa M. Abegglen, PhD1; Aleah F. Caulin, PhD2; Ashley Chan, BS1; Kristy Lee, PhD1; Rosann Robinson, BS1; Michael S. Campbell, PhD3; Wendy K. Kiso, PhD4; Dennis L. Schmitt, DVM, PhD4; Peter J. Waddell, PhD5; Srividya Bhaskara, PhD6,7; Shane T. Jensen, PhD2,8; Carlo C. Maley, PhD9,10; Joshua D. Schiffman, MD1,7

JAMA. 2015;314(17):1850-1860. doi:10.1001/jama.2015.13134.

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »