Q,ピロリ菌の除菌は本当に胃がんの予防になるのですか

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

 

ピロリ菌001

ピロリ菌の除菌は、どれだけ多くの人がやっているのか分からないほど有名な治療である。
何故除菌するのかと言えば、それが胃潰瘍や胃がんの予防になるからである。
大量の抗菌薬とPPI(プロトンポンプインヒビター)とよばれる胃酸分泌抑制薬を1週間飲み続けて治療する。

その薬は、既に1週間分セットされているものを医師に処方されるので、患者サイドとしては処方されたら飲みきるということになるのだが、ここで良く出る疑問が「除菌は本当に良いことなのか。胃がんの予防は出来るのか。」といったことである。

こんなことを大真面目にきいても「良いに決まっているじゃないか」となりそうだが、そうとも言えないのである。ピロリの除菌は当たり前に行われているにも関わらず、本当に良いのかどうか結論が出ていない。
さて、それでは答えになっていないのでタイトルの質問について言及していく。

まず、除菌によって胃がんが予防できるかという点。
ピロリ除菌に胃がん予防効果があることは、かなり確かな事実であると思う。
いくつかの研究があるが、近年でたものを示しておこう。それが以下である。

BMJ. 2014 May 20;348:g3174. doi: 10.1136/bmj.g3174.Helicobacter pylori eradication therapy to prevent gastric cancer in healthy asymptomatic infected individuals: systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.
Ford AC1, Forman D2, Hunt RH3, Yuan Y3, Moayyedi P3.

2014年にBritish Medical Journalに掲載された、健常人に対するピロリ菌除菌が胃癌を抑制できるか、また総死亡率を減らすことができるかを検証したシステマティックレビューである。

4年から約15年追跡した長期ランダム化比較試験6件の解析から胃がん罹患率は減少(相対危険度0.66(0.46-0.95))することが示されている。そう確かに胃がんを減らすことができるのである。そして、胃がん死亡率は0.67(0.40−1.11)と有意差はないものの減る傾向にある。良さそうではないか。

で、最も大切なエンドポイントである総死亡率をみるとオッズ比1.10(0.89-1.37)と有意差はないもののピロリ除菌をしない群の方がやや低かった。ピロリを除菌しない方が死亡率が下がる!?

つまり、ピロリ除菌が胃がんを防ぎ、胃がんによる死亡率を下げるであろうことは過去の研究やこの論文からも確からしいのだが、胃がん以外の死因が多くなる結果、死亡は全体として増えるということなのである。除菌に使われる抗生物質で下痢、腹痛などは良く出るし偽膜性腸炎を招くことはあるし、同様に使われるPPIの害は以前触れた通りである。そうした部分をはかりにかけると、除菌すべきかせざるべきかは微妙な選択である。

因みに、ピロリ菌は良い役割を果たしているかもという説はいくつかあって、
その1つが、ピロリ菌が喘息やアトピーを誘発する免疫細胞の働きを鈍くして同疾患の症状を抑える効果があるかもしれないというもの。後、どこかで聞いただけの仮説で正確な情報が思い出せないがピロリ菌が存在することによって抑え込まれている菌も存在するらしいという話もある。(思い出したら追記する)

 

蛇足ながら、そもそも既に除菌することを決めている方への一言アドバイスを書いておく。
1週間効果の強い薬をのみ切るのだから、体調の悪くない時に飲むことをお勧めする。
できるならば整腸剤を併用した方が良い。
Probiotics(例:ミヤBM、ビオフェルミン、ヨーグルトなど)
併用で、ピロリ除菌率は10%近く上昇し、副作用(特に下痢)率が10%以上低下するという報告がある。
整腸剤は薬価も6円前後と安い。積極的に併用をしても良いだろう。

14個のランダム化比較試験のメタ解析の論文があって、
除菌率は整腸剤併用で83.6% (95% CI = 80.5–86.7%) 、併用なしで 74.8% (95% CI = 71.1–78.5%)
総副作用(主に下痢)率は整腸剤併用で24.7%、併用なしで38.5%とある。

Tong JL, Ran ZH, Shen J, et al. Meta-analysis: the effect of supplementation with probiotics on eradication rates and adverse events during Helicobacter pylori eradication therapy.

 

胃に関する記事

① Q,胃酸を抑える薬をずっと飲んでいて大丈夫?
② Q,ピロリ菌の除菌は本当に胃がんの予防になるのですか
③ 胃酸分泌を抑える薬ー強い薬から弱い薬へ切替え減らしていくのは正しいかー
④ Q ピロリ除菌の薬を終了したら普段飲んでいる胃薬をすぐに再開しても良いですか?
⑤ 痛み止め(NSAIDs)はどのくらい胃腸障害を起こすか
⑥ 胃を全摘しているのに、胃酸を抑える薬を飲んでいた人の話
⑦ PPI(胃酸分泌抑制薬)で認知症発症が増えるのか

 

 

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »