女性は強い!?エストロゲンによる抗ウイルス作用

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

エストロゲンといえば女性ホルモンの中でも代表格である。その働きは色々あるが有名なところで言えば、女性らしい丸みをおびた体をつくる、卵胞の成熟を促す、受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くする、自律神経や感情の動き、脳の働きを整える、骨の形成を促し血管収縮を抑制する、基礎体温を下げるなどといったことに役立つ。逆に、エストロゲンが不足してくると動機、のぼせ感、イライラ感、更年期症状、うつ、骨粗鬆症リスク増大、排尿障害などを起こしやすくなる。そうした、エストロゲンの作用については良く知られているところであるが、なんとウイルス感染症の予防に一役かっているかもしれないというのが以下の基礎研究である。

The female sex hormone estrogen has anti-viral effects against the influenza A virus, commonly known as the flu, a new study in American Journal of Physiology—Lung Cellular and Molecular Physiologyreports.

なぜ、エストロゲンがウイルスの働きを抑えるのか。そもそもウイルスは感染して宿主の細胞内に入り、自らのコピーを作って増殖し症状を引き起こす。感染細胞から放出されると、身体中に広がり、ひいては人と人の間で感染を起こす。ウイルスがどの程度複製されたかによって症状の重さが変わり、複製数が少なければ症状が軽く、人への感染力も弱い

この研究では、エストロゲンがどの程度ウイルスの複製能力に影響を与えるかを測定するために、インフルエンザウイルスが真っ先に感染する上皮細胞を男性と女性両方のドナーから集めた。細胞の培地をウイルス、エストロゲン、環境エストロゲンビスフェノール及びホルモン療法や閉経後骨粗鬆症などに使われるエストロゲン様の働きをする選択的エストロゲン受容体調整薬(selective estrogen receptor modulators :SERM即ちラロキシフェン)にさらした。

そこで、SERM化合物であるラロキシフェン(商品名:エビスタ の有効成分)、エストロゲン、環境エストロゲンビスフェノールAが女性の上皮細胞内におけるウイルスの複製を減らしていることが分かった。同じ現象は男性の上皮細胞では観察されなかった。因みに男性はテストステロン(男性ホルモンの1種)からエストロゲンを合成するが、当然エストロゲンは一般的な女性に比べて少なく、その量は更年期の女性とおよそ同程度とされている。さらには、エストロゲンによる抗ウイルス作用の機序はエストロゲン受容体βから開始されることが観察された。また、エストロゲンがHIV、エボラや肝炎ウイルスに対して抗ウイルス作用をもつ可能性が示唆されている。

この研究が面白いと思うポイントは2つある。
1つに患者の組織細胞を直接単離して、性別でのエストロゲンによる影響を調べたこと
2つに、この研究はエストロゲン受容体がエストロゲンによる抗ウイルス作用に関わることを示した初めての研究であることだ。

エストロゲンによる抗ウイルス作用メカニズムの解明に一歩近づいたのである。この発見は、既に発表されている動物実験で示されていたエストロゲンの抗ウイルス作用を支持する内容となっている。

臨床でどうかということだが、閉経前の女性ではエストロゲンレベルが周期的に変化して一定しないので、一般的な人口に対してエストロゲンによる防御能を調査していくのは難しいのかもしれない。しかし、閉経前女性が何らかの避妊ピルを飲んでいたり、または閉経後女性がホルモン補充療法を受けているときは季節性のインフルエンザに対してより防御力が高まっている可能性はある(と類推できる)。実際、年齢別性別で有病率を調べてみても面白いかもしれない。不妊治療や更年期障害の治療に用いられるエストロゲン製剤が、同時にインフルエンザから身を守っていたりして。まだ妄想の域はでていないけど。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »