市販薬ってどう選べば良いの?

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

市販薬は、薬の知識がない素人が選ぶには難しいと思う。
定番だから、ウチは昔からこれが常備薬だから、CMでやっていた、
よく分からないから店員が勧めるもので
など漫然と選ばれる方も多いだろう。
そこで、プロの薬剤師の視点から製品の選び方に
ある程度の道筋を示したい。
市販薬を選ぶのが難しいのは次のような理由ではないかと思う。
1、複数成分配合である
例)ルル1つとっても、イブプロフェン、ブロムへキシン、ジヒドロコデイン、メチルエフェドリンなどと色々入っていて混乱するし、ましてや
飲み合わせや副作用など想像もつかない
店員に聞いても飲み合わせを全部言える人などそういないだろう。
2、CMのキャッチコビーとギャップのあるものがある
例)胃に優しいバファリン 早めのパブロン とか本当だろうか
3、同じ成分を入れているのにそれぞれ別の薬効で表示されている
例)塩酸ジフェンヒドラミンという成分。
 これは睡眠薬(ドリエル)、酔い止め(トラベルミン)、
 鼻炎•かゆみ(レスタミンコーワ糖衣錠)などと分かれる。
本当に色々惑わされる点が多い。
では我々プロが無限にあるかに見える市販薬のラインナップを
覚えているかというとそんなことはない。
どういう視点で見るかというと成分で把握しているのだ。
従ってパッケージに書いてある成分と用量さえ見れば
商品名が分からなくても説明ができる。
サプリメントなども同様にある程度のことがいえる。
後は価格や製品製造の品質管理レベルなどを考える。
さて、成分名から見るのは抵抗があるかもしれないが、
これが最も客観的な選択基準を持つ近道だ。
今後、薬の分野毎にそう見ていけば良いか解説していこうと思う。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »