緑内障点眼薬初のプラセボ対照ランダム化比較試験

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

緑内障の方は眼圧を下げましょうといわれる。多くの患者さんをみていると点眼薬1つとっても真面目に続けられる人とそうでない人がいる。たまにいるのが、受診する直前だけ慌てて点眼をする人。本末転倒なのだけど、これはあっさり医師にバレるのでやらない方が良い(笑)。そもそも点眼は検査結果や医師のためではなく自分のためにやるのである(アタリマエか)。

緑内障を進行させる代表的な要因が眼圧の上昇である。眼球内の水分(房水)が充満して眼の中の圧力が上がると視神経を圧迫する。すると視神経が弱り、視野が狭まったり視力が落ちたりする。

そもそもの疑問として、「眼圧を下げる点眼薬を続けたら緑内障の症状(視野の狭まり)が緩和されるか、あるいは遅らせられるか」ということがある。これはもう明確に「効果がある」ということができる。それを示した研究は本当に山ほどある。

今日は例としてキサラタン(成分名:ラタノプロスト)という点眼剤を取り上げ、継続的に点眼して眼圧を抑えていくことが視野の狭まりを結果として遅らせるということを示していく。

キサラタンは、プロスタグランジンF2α誘導体のラタノプロストが主成分である。これがプロスタグランジンFP受容体に作用すると、ぶどう膜流出路からの房水流出が増えるのである。つまり、先に述べた「房水」の流出を促して眼圧を下げる。有効性が高いことから、第一選択されることも多い。緑内障の治療目標は健常眼圧を保ち視力や視野を長期にわたり維持することにある。根治療法ではないので、治療期間がどうしても長期にわたるのが難点ではある。1日1回の点眼で、強力かつ安定した眼圧下降作用を示す。

こうしたプロスタグランジン系の点眼剤の特徴として、まつ毛が異常に伸びたり(多毛化)、まぶたや虹彩に色素沈着を生じたりといった美容に関わる副作用が生じることがある。そのため点眼後は眼の周りを拭き取ることが推奨されるのである。これを逆手にとって、麺棒にこの点眼剤をつけてまつ毛に塗って美容目的で使う人もいることはいる。

こうした眼圧降下剤が、緑内障の症状を改善することは以前からオープンラベルの試験では示されていたのだが、近年になってプラセボの点眼剤と比較した試験結果が報告された。

その緑内障点眼薬初のプラセボ対照ランダム化比較試験が以下の文献。
Latanoprost for open-angle glaucoma (UKGTS): a randomised, multicentre, placebo-controlled trial.Lancet. 2014 Dec 18. pii: S0140-6736(14)62111-5. PMID: 25533656

論文の要点を抜粋していく。
[Patient対象患者]
開放隅角緑内障の患者516人(平均65.5歳、男性53%、糖尿病10.5%)
[Intervention介入]
ラタノプロスト0.005%点眼 1日1回両目 ベースライン眼圧19.6 mm Hg (SD 4.6) 258人
[Comparison比較]
プラセボ点眼 1日1回両目 ベースライン眼圧20.1 mm Hg (SD4.8) 258人
[Outcome評価結果]
24か月以内の視野悪化までの時間

triple-maskedのランダム化比較試であり、最終解析は460人/516人と追跡率も高い。偽の錠剤を作るならまだしも、偽の点眼剤を作るって結構手間かかってるなぁ。

結果は次の通り
ラタノプロスト:視野悪化 35人/231人(15.2%) 眼圧変化 [-3.8mmHg]
プラセボ:視野悪化 59人/230人(25.6%) 眼圧変化 [-0.9mmHg]

ラタノプロストかプランマイヤー
視野悪化までの時間(プライマリアウトカム)ハザード比:0.44 [95%CI 0.28~0.69]
視野悪化の進行もラタノプロストの方で遅れていることが分かる。ラタノプロストを継続すると眼圧が3.8mmHgくらい下がるというのは1つの目安として知っておくと説明上便利かもしれない。

副作用解析の表が以下。
ラタノプロスト_副作用
ほとんど目立った副作用はない。敢えていえば結膜炎が少しラタノプロストで増えるくらい。多毛化と結膜炎や充血に注意して使っていればさほど問題はなさそうである。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »