不眠症の方への生活習慣アドバイス

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

不眠症の方への生活習慣アドバイスはその方のライフスタイルに合わせたものになるかと思うが、一般的に言えることを「睡眠障害治療ガイドライン」を引用改変して対策の表を作成した。それを以下に示す。
睡眠_アドバイス
不眠に対して安易に睡眠薬を使用することは避ける。まずは原因の特定と治療を優先する。ただし、それが難しい場合は睡眠薬の適用となる。

睡眠薬は新規作用機序の薬剤がいくつか出ているが、主流は依然としてベンゾジアゼピン受容体作動性睡眠薬 (ベンゾジアゼピン系, 非ベンゾジアゼピン系)が主流である。
あまり使われないが他にあるタイプもある。例えば、バルビタール系睡眠薬。これは安全性が低く、耐性や依存性を起こしやすく、服用量によっては呼吸抑制を起こすなど使いづらい面がある。急性で短期間の不眠には使われる場合はある。バルビタール系の弱点を克服すべく開発されたブロバリンや抱水クロラールなどは副作用が強く安全域が狭く、実質脳波などの検査時にしか使われていない。その他、副作用の眠気を利用した抗ヒスタミン剤、直接の催眠作用はないが体内時計に作用して睡眠・覚醒サイクルの睡眠側にスイッチを入れる薬ロゼレム(ラメルテオン)、オレキシン受容体拮抗薬であるベルソムラ(スボレキサント)がある。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »