Q,胃酸を抑える薬をずっと飲んでいて大丈夫?

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

Q,胃酸を抑える薬をずっと飲んでいて大丈夫?

良くガスター10とか、それに類する胃酸の分泌を抑える薬を飲んでいる方から
飲んでいて消化が悪くならないかと質問を受ける。

日本人は胃腸が弱いヒトが多いような気がする。
そして、医師は本当に良く胃酸の分泌を抑える薬を処方する。

特に、ガスターよりも更に強力に胃酸を抑える

PPI(プロトンポンプインヒビター)

と言われるグループの薬は良くでる。

商品名で言うとパリエット、タケプロン、ネキシウム、オメプラールなど
(成分名前で言うと○○プラゾールと語尾がつくものが多い)。

製薬会社からしたらドル箱。なにせ国内だけでも年間40万人以上が飲んでいるのだから。

うまく使えば胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの予防にとても役立つが、
必要以上に飲み過ぎだと思うことも少なくない。

胃酸は消化に必須で、消化吸収を助けている。

でも、「消化不良」を訴えている患者にPPIが処方されている例を

見るのは日常茶飯事だし、

「胃全摘」されている方にPPIが処方されている例すら見たことがある。

痛み止めや鉄分の薬を飲むと胃に負担がかかるからと、

これらとセットで必要以上に強い胃酸分抑制薬を
出す例も枚挙にいとまがない。

先日カフェにいたら、隣で薬剤師らしきおばさんとその友人(素人らしい)が話していて、
この話題になっていた。
「胃酸抑えたら消化悪くならない?」と。

で、その薬剤師のおばさんが
「もちろん消化悪くなるわよ。だって胃酸を抑えるから。」と回答。

正確に言えば、

「消化が悪くなる可能性はあるが、胃の生理機能をさほど下げるわけではなく
消化に関しても自覚的にそんなに問題にならない場合が多い」といったところだろうか。

ちょっと細かい話だが、胃酸の主たる機能は、
・ペプシン、ペプシノーゲンの活性化
・カルシウム、鉄、ビタミンB12などの吸収促進
・細菌の死滅
などだ。

ではその胃酸を抑えるとどうなるか。

まず、上記の栄養素の吸収が落ちる。

高齢者などは、噴門(胃と食道の結合部の門)が緩まって胃酸がこみ上げやすい。
結果、げっぷや食道炎が問題になる。そんな理由で、PPIを飲んでいたりする。

すると、ビタミンB12がうまく吸収されなくなり欠乏したりする。
カルシウム吸収が落ちて、大腿骨骨折が増加したという報告もある。

生体防御機構も低下する。
胃酸分泌抑制薬使用初期に肺炎の発症が増えるという、臨床試験の結果がある。
胃酸で殺菌されるはずだった菌が生き残って逆流するためであろうと

考えられている。

ちなみに肺炎のリスクが高いのは服用初期1週間くらいで、
もっと言うと服用開始48時間以内。

この試験で使われたPPIについては、作用が出るまでに飲み始めてから

1週間くらい必要と言われているが、
どうしてそれより早期に肺炎になりやすいのかは良くわかっていない。

逆に骨折は長く飲む程リスクがあがる。

そして、PPI使用時には腸管感染症が増加するという報告もある。

(色々副作用が増える印象を持たれたかもしれないが、頻度は多くない。)

飲み合わせも気にしないといけない。相性の悪い薬もいくつかある。
そこは調べるなり医師や薬剤師に聞くなりすれば解決する。

PPIは特に高齢者になってくると、害のリスクがメリットを上回るような気がする。。

余り長く飲むのはどうかなと思う。

潰瘍の既往があるとかで、どうしても長く飲まなければいけない人は
少し弱めの制酸剤を検討しても良いかもしれない。

PPIの害と服用量の減らし方については別項でも扱った。更に深く知りたい方はそちらをどうぞ。

【参考文献】
Am.J.Med., 87, 278~284(1989)、 Lancet, 343,1369(1994)
Med J Aust 2009l193;114、JAMA 2004;292:1955、Ann Intern Med 2008;149:391
BMJ 2012; 344 doi: 10.1136/bmj.e372 (Published 31 January 2012)

 

胃に関する記事

① Q,胃酸を抑える薬をずっと飲んでいて大丈夫?
② Q,ピロリ菌の除菌は本当に胃がんの予防になるのですか
③ 胃酸分泌を抑える薬ー強い薬から弱い薬へ切替え減らしていくのは正しいかー
④ Q ピロリ除菌の薬を終了したら普段飲んでいる胃薬をすぐに再開しても良いですか?
⑤ 痛み止め(NSAIDs)はどのくらい胃腸障害を起こすか
⑥ 胃を全摘しているのに、胃酸を抑える薬を飲んでいた人の話
⑦ PPI(胃酸分泌抑制薬)で認知症発症が増えるのか

 

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »