なぜ、寒いと皮膚は乾燥するのか

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

寒いと皮膚が乾燥する理由

保湿は大切だということはほぼ常識となりつつある。しかし、気温の高い時期は保湿しすぎるとかえって蒸れたりして
あせもができたりする。乾燥症状がなければ、対策しなくても良い一例である。夏は気温が高いために皮膚末梢まで血流がたもたれ、汗も皮脂も活発に分泌されているからである。

一方冬になると乾燥する。なぜ、冬になると乾燥するのだろうか

もちろん外気の乾燥はあるだろう。しかし、冬場に乾燥する最大の理由は、

「気温が低下することで血流が皮膚表面に行き届きにくくなるから」

である。寒くなると体温を維持するために皮膚の血管が収縮する。従って血流が減る。つまり血液という水分が行き渡っていない。湿度の問題だけではなく、単純に温度の問題もあるということは、頭の片隅において対策を意識するとよいだろうまた、年齢が上がれば皮膚の保湿力は若い頃よりおちる。若い頃と同じようにゴシゴシ体を洗っていては再生が間に合わないし、乾燥が問題になってくる。

乾燥によってかゆみを感じやすくなる

乾皮症とは、皮膚が乾燥してガサガサになったり、ウロコのようになったりして、ポロポロと剥がれてくる病気である。
これが強い痒みを伴う。特に高齢者に多く、ほかにアトピーも関係するが、ここでは炎症を伴わない乾燥肌について書いていく。

そのメカニズムであるが、これは言うまでもなく皮膚の乾燥が発端である。
原因についても何となく思い当たる方は多いと思うが、例として

「冬場コタツに入ったり、ストーブにあたり乾燥させた」
「石けんの使い過ぎで皮膚のバリアを落としすぎた」
「アカスリをしすぎて自ら皮膚のバリアを壊した」

といったことがある。

こうして、皮膚のバリアが剥がれ落ちて乾燥が進むとどうなるか。

本来、真皮と表皮の境界部にある知覚神経の末端が、表皮の中まで伸びてくる。皮膚のバリアが失われると、危機を察知して神経成長因子が外部に対して探知機を出すわけである。つまり、神経末端が皮膚表面に近づくわけだから、感覚が過敏になる。着替えの際に衣服が触れることすら刺激となって痒くなる。

皮膚が「かゆみ過敏状態」になれば、かゆみと無関係の刺激さえかゆみと感じられ、軸索反射がおき痒みが広がる。
その状態で皮膚をかき壊せば、インターロイキン1やTNF−αがでて、マスト細胞が脱顆粒してヒスタミンがでて、という小難しい理論を振りかざすまでもなく、要は痒くなる

表皮のバリアを取り戻そう

この場合必要なのは皮膚のバリアの補修である。損傷を減らすことと、保湿剤などで保湿することが大切になる。因みに薬剤師ですら「対策することが大切なので、保湿剤ならニベアでも何でもよいので乾燥したらぬって下さいね」みたいなアドバイスを平気で言う人がいるのだが、僕はちょっと耳を疑う。

ちゃんと質の良いものを選ぶ術を伝えて欲しい。プロがCMのイメージベースで話を進めては、誰が消費者に適切な情報を届けるのだろう。成分や内容を本当に吟味しているのだろうか。美容師の方がよっぽど選んでいる気がする。へんなモノを選ぶとよけい痒みサイクルが激しく回転する可能性があることを踏まえて助言して欲しい。

市販のものであれば、賢く選ぶ知識が必要であるが、医療用の保湿剤であれば、余計な成分が沢山入っている物は少ないので痒みが悪化することは少ないと思われる。

また損傷を抑える意味で、アカスリや木綿のタオルですら皮膚を洗うのは余程皮膚が強くない限りやめた方がよいで。最近は見かけないが、乾布摩擦も望ましくない。頻繁に乾燥する人は繊維質のもので体を洗うことや、ボディーソープを
使うことも避けた方が良い。石けんを最小限にするのである。使うにしてもせいぜい、股間、腋の下とか自分で匂いが気になるところだけにすればよい。大抵の人は「落とし過ぎ」なのである。

既に悪化しすぎて、痒みが強くかき壊してしまって表皮細胞が傷ついている場合には一時的なステロイド外用剤の使用はやむをえないと思う。また、一時的に抗ヒスタミン剤の内服も必要になるかもしれない。しかし、症状は氷山の一角。そうした症状を抑える薬を使いながら原因の補修を同時進行して薬剤を減らす意識をもつことが大切なのは言うまでもない。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »