Q,食前の薬を食後に飲んでも良いのですか?ーアコファイドを例にー

Pocket
LINEで送る

始めてきた方は「このブログを通じて医療従事者と患者さんに伝えたい想い」をお読みください。

「食前の薬を飲み忘れたことを食後に気づいたらその時飲んでよいか」と質問を良く受ける。今回はアコファイド(成分名アコチアミド)という機能性ディスペプシアに対する食前服用の薬についてであったのだが、結論から言うと食後服用で吸収は落るし、そもそも食後膨満感を改善する薬であるため、効いたとしても効き目が欲しい時間に効果が得られない。

アコファイドは2013年に承認された比較的新しい薬で、世界で初めて機能性ディスペプシアの適応を取得した消化管運動機能改善薬。アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、アセチルコリン分解を抑制し、胃部におけるアセチルコリンによる収縮や運動を増強させる。結果、胃前庭部の運動亢進作用や、胃運動低下改善作用が期待できるとされるもの。

僕はこういう質問を受けた時に、(時間さえあれば)調べ方をお伝えすることにしている。単純に事実を教えるよりも調べ方、思考回路を教える方が応用性がある。魚を与えるより釣り方をお伝えする方針だ。それで、こういう「食前を食後にしたらどうなるか」といった類いの疑問に回答を見いだす方法だが「添付文書」または「インタビューフォーム」をみるのが定石だ。(Googleで「〇〇薬名 添付文書orインタビューフォーム」とか検索すれば出てくる)。

アコファイドの「添付文書」および「インタビューフォーム」には以下の記載とグラフがある(こういう資料はPDFファイルなので、PDFファイルの右上の検索ボックスに「食前」とか「食事」とかいれて該当ページを探せば良い。それで出てくるのが以下の記載)。

食事の影響
健康成人男性に本剤1回1錠(アコチアミド塩酸塩水和物として100mg)を空腹時、食前又 は食後に経口投与したとき、Cmaxは食前投与で最も高く、空腹時投与に比べ62.7%上昇し た 。また、食後投与のCmaxは食前投与の59.6%であった 。AUClastは、食後投与で最も低く、空腹時及び食前投与に比べそれぞれ76.8%及び80.0%に減少した。」

アコファイド食前
グラフと数値から、食後にとっても効きが出るまでに1時間以上要してしまう上に、効果も3割型落ちると捉えて良いと思う。つまり、食後に思い出して服用してもあまり意味がないので飛ばして次の食前に通常通り1錠飲むという対処になろう。ほぼ意味のない時間帯にくる微妙な効き目を期待して、食後に飲むのであればそれはその人の自己判断ということで。

せっかくなので、アコファイドに関する臨床論文を1つ紹介しておく。

★アコチアミドは機能性ディスペプシアにおける食事関連症状を改善する
A placebo-controlled trial of acotiamide for meal-related symptoms of functional dyspepsia.
(level 1 [likely reliable] evidence)
年齢20-64歳の食事関連機能性ディスペプシアの症状をもつ897名の患者を、1日3回アコチアミド100mgを毎食前服用の群と同じタイミングでプラセボを服用する群にランダムに割付け4週間後の経過を見た試験。食事関連症状として、食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感などが含まれる。それらが解消(消失)したかを調べた。試験デザインは以下の通り。
acotiamide_study_design
結果を表にしてみた
アコファイド論文結果
アコファイドによるベネフィットは服用終了後〜8週間目までのフォローアップ中も継続した。「食後の膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感の3症状すべての消失率」において有意に改善。食事関連症状は、16人に1人改善。悪くはない?か。改善するか有害事象発現率と副作用発現率については、プラセボとの間に統計学的有意差はない。機能性ディスペプシアの他の症状である、心窩部痛や心窩部灼熱感には、有効性が確認されていないことにも留意しておく必要がある。主な副作用は、血中プロラクチン増加(3.6%)、下痢(2.1%)、ALT増加(1.8%)、便秘(1.6%)、γ-GTP増加(1.2%)など。
Gut 2012 Jun;61(6):821

本疾患は、致死的ではないが、生活上支障となるし症状が一度改善しても再発が多いため、症状が長期に及ぶ。病因がよく分かっておらず治療法が確立しているわけでもない。これまでは、患者の症状に応じて、胃酸分泌抑制薬や消化管運動改善薬を単独もしくは併用する対症療法が中心であったが、最近は本剤が新たな選択肢として使われることが多いように思う。使用に際しては、上部消化管内視鏡検査などで悪性疾患(胃癌など)を除外することが必須とされている。

↓ ↓ ↓この記事に共感した、面白かったらこちらをクリック!
dqranking  dqmura

 ご案内

講演、取材についてご相談、お申込み

薬についてのご相談

薬局のお悩みについてご相談

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

アーカイブ

ar

おすすめメディア集

hymkbanner

セールスが苦手だからこそ、出来る!作れる!売り込まないセールス設計とは、お客様から選んでいただける体制を作れればいい。その体制は、あなたのビジネスの「強さ」と「違い」を作り出し、活かすことで構築できる。その構築方法をお伝えしています。

ファーマシストフロンティア

私も連載している人気マガジン。広告によって編集内容が左右される従来の雑誌とは一線を画し、実相を探求したウェブマガジン。必要とされる薬剤師になるための必読書、それが『ファーマシストフロンティア』です。

お問い合わせ

インバウンド003

facebookページ(いいねを押していただけると励みになります!)

PAGE TOP
Translate »